2014年3月11日火曜日

猫のアルツハイマー

私の老猫、さくらの行動が最近どうもおかしい。

餌食べてもすぐに餌をしつこくねだる。あまりにしつこいので追加で餌あげると、吐く。

先日はものすごい勢いで外から家の中へ飛び込んで入って来たと思ったら、これまたえらいスピードでバタバタ反対から外へ出る。
18歳にもなる年老いた猫のしぐさとは思えず、うーんと唸ってしもうた。

そして夜中に目を覚まして頻繁に激しく泣く。
私が起きて声をかける、または抱っこしてなだめるまでとにかく大声で泣く。
30分ほどわたしが側にいると、猫は安心してまた寝る。

つきあうしかない。
私にとって大事な家族やから。
これまでどれだけこの娘のような存在に癒されたことか。

たかが猫、されど猫。

2 件のコメント:

  1. たかが猫じゃありませんよね。私も猫ちゃんに毎日どんなに癒されていることか。たいせつな家族ですもの、お付き合いください。

    返信削除
    返信
    1. mimiさん
      お宅の猫ちゃんはまだお若いのかな?
      確かにペットの存在で癒されることって多いですよね。
      はい、とことん老猫に付き合います。ありがとうございます。

      削除