2014年3月17日月曜日

刺青の看護士さん

近所の大学に短期のプログラムで研修に来ている例の日本の女子大生のグループと
こちら地元の総合病院の見学に同行した。
学生は将来看護士を目指して勉強中。

緊急外来も集中治療室も入院病棟も、医療従事者のユニフォームがマチマチで誰が医師で誰が看護士なのかさえ見分けが困難と学生達からの感想。
うーん、確かにそうよね。

そして、病院見学の後に沢山の質問が出た。
例えば、看護士が就労中に着用を許されるアクセサリーの範囲、刺青、そして手のマニュキュア、髪の長さ、などなどのルール含めて。

日本の医療現場はもっとそれらのことに細かくて厳しいルールがあるとのこと。
半そでのユニフォームから堂々と見えてる派手な刺青の看護士さんとすれ違った時
日本の学生たちえらく驚いてたな~

0 件のコメント:

コメントを投稿