2013年7月5日金曜日

近所の話 その1

うちの近所でたまに犬をちゃんと鎖でつないで散歩させてる人を見ると、感動する。
というのも、このあたりは犬をつないで散歩させてはいかん法律でもあるんかいな?と疑いたくなるほど、小型犬だろうが大型犬だろうが鎖につないで散歩させている人をまず見ない。
どれだけ躾がされてる犬か知らんけど、危ないやろう。
             
犬の落し物を飼い主が始末することも少ない。飼い主はたいてい手ぶら。
 

メルボルンの中心を流れるヤラ川を隔てて、東方面(特に南東方面)は住宅教育環境良しとされる。
川を隔てて西方面を ”川向こう”と呼ぶ人が多い。
何でやんねん? 
川の向こうは西だろうが東だろうが ”川向こう” やんね。

この4年、私はすっかり西の川向こうの住人。

その”川向こう”の西の地域の中でも、私はウルトラ的にガラも悪けりゃ治安悪も悪い町に住んでますが、まあ「住めば都」で結構気に入っているんところもあるんよね。

生鮮食料品が安い、ベトナム料理とインド料理のおいしいレストランが沢山ある。
勤務先に近い!→車で15分。 などなど。

多文化カラフル混ぜ混ぜ地域。ちょっと外へ出るにもあまり身をかまわなくてもオッケー。
これはお気楽。
パジャマでスーパーに来てる人がいても、誰も驚かんもんね。
                              

駅前商店街にはベトナムの食材店がずらーっと並ぶ。英語できない店員さんが多くて引越してきたばかりの頃はびびったけど、親切な人が多いとわかってからは週末の食材の買出しも楽しみ。
ここはハノイか?サイゴンか?と行った事もないくせに。
パスポートも持たずに、それも徒歩で外国へ行けるなんて何と安上がりなんやろう。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿